堺市で不動産売買、マンション管理ならセンチュリー21エーワンホームにお任せください。

有限会社エーワンホーム監修 不動産売却・賃貸管理情報局

0722714466

営業時間:9:30~19:00、定休日:年末年始

 

オーナーの立場になった親身な対応

インターネットの普及により、さまざまな情報が溢れかえることで混乱が生じ、現状において何が最良なのか判断が難しくなっています。
そのため、ニーズに対して異なる方法を取ってしまうことも少なくありません。

大阪府堺市にあるエーワンホームでは、地元ならではの情報量と全国規模のネットワークで多様な提案を可能にし、不動産運用でお困りのオーナーの立場になった親身な対応を心がけ、早期解決に努めています。

専門家だからこそ、スピーディに最良の方法をご提案でき、長年の経験で培ったノウハウでニーズに合わせた柔軟な対応を実現しています。

売却について

売却について

ひとえに売却といっても、人によって相続によるものや生活資金・老後資金確保のためであったり、経済的事情など様々な理由があります。
不動産はタイミングにより資産価値が変わり、正しい知識をつけることで、適正な価格で取引が可能となります。
エーワンホームでは、オーナーにとって必要な知識・情報を提供しています。

土地

放置されている土地がもったいない、土地活用と売却どちらがいいのか分からない。

一戸建て

住む人が居なくて住居として機能していない、移住を考えている。

マンション

以前購入した投資物件の売り時が気になる、買い替えを検討している。

売却について

賃貸について

賃貸について

近年、メディア等でビル・マンション・アパートのオーナーと入居者のトラブルが頻繁に取り上げられる機会が増えています。
加えて、家賃回収・空室問題でお悩みのオーナーが日本全国で問題になっており、物件管理についてのご相談が増えています。エーワンホームでは、そんなお悩みを解消できるノウハウを提供しています。
 

ビルオーナーの方

テナントが埋まらない、管理・警備が煩わしい。

マンションオーナーの方

滞納する入居者が多く困っている、入居者とのトラブルに巻き込まれたくない。

空き家・空室対策

なかなか空室が埋まらない、貸出家賃を下げずに入居者を確保したい。

賃貸について

相続について

相続について

高齢者社会により相続に関わる方が増えてきています。
不動産資産を引き継いだ方が今後どうしていけば良いのか様々な情報が溢れ、売却についてどの情報が正しく、ベストなのか分からないことで家族内で意見がまとまらないことも多いと思います。

ほとんどの方は、相続での不動産資産の引き継ぎは初めての体験だと思います。そんな方でもエーワンホームでは分かりやすくアドバイスしています。

相続

賃貸住宅の顔。エントランスについて

空室対策

賃貸住宅の内覧で重要なのは居室です。 第一印象という点で欠かせないのはエントランスです。 近頃ハウスメーカーの賃貸住宅ではエントランスの印象アップに力を入れているところが多いように思います。 賃貸住宅を経営されているオーナー様の中で大規模修繕に+アルファをお考えの方、エントランス...

詳しくはこちら

不動産売却に必要な知識を知っておこう!相続した場合はどうする?

売却について

親などから遺産として不動産を相続した場合、その不動産を売却して処分する方は少なくありません。しかし相続された不動産を売却する場合、さまざまな手続きや準備するものがあります。不動産売却に関する様々な情報を説明します。

詳しくはこちら

ウィズコロナで人気の高まった設備・条件ランキング

空室対策

コロナウィルス感染症については外出時は距離を保って会話しなければマスク無しOK、など行動規制が緩和されつつあります。 これまでに「新しい生活様式」という名のウィズコロナ生活に慣れた方も多いかと思われますがリモートワークなど働き方や学び方が変わった結果賃貸住宅のオーナー様自身も追加...

詳しくはこちら

コンクリートの耐用年数は50年!不動産売却時期を知ろう

マンション

近年、建築技術が急速に向上して耐久性に優れている住宅の実現に成功しています。しかし、劣化の阻止は難しく、鉄筋コンクリート造の寿命は30年~50年です。そこで、築年数が経過している建物の売却を検討している方々にとって有益な情報をピックアップしました。不動産売却を有利に進められるタイ...

詳しくはこちら

借主がエアコンを買い取ってほしいと言ってきた!その時どうする

相続について

賃貸管理で退去立ち合いの時にたまにある事例で借主から「エアコンを次の部屋で使う予定がないので置いていきたい」といった相談を受けることがあります。 また「置いていくエアコンを買い取ってくれないか」という話となると貸主は買い取らなければならないのでしょうか。  

詳しくはこちら

一覧はこちら